こんにちは、松江市玉湯町、福本歯科医院の齋藤直也です

島根に帰って3回目の冬を迎えることができました。

寒いのは苦手ですが、今年は雪も少なく例年に比べて暖かいのでありがたいです。

先週末は、北海道大学から菅谷勉先生に来ていただき、講演会をしていただきました。

はるばる、北海道から来ていただき、本当に感謝です。

実は、堂形町のヨシダデンタルオフィスの吉田先生が北海道大学で学ばれたときの恩師だそうです。

講演会の内容は、歯が割れた時の対応です。

一般的に、歯にひびが入ったり、割れたりした場合は、抜歯になるケースが多いです。

抜歯をすると、インプラントやブリッジ、義歯などで歯を作りますが、

できるなら、自分の歯で噛んでもらいたい

割れた歯を残すには、一度歯を抜いて、ひび割れを外で治し、再植する。

ケースによって難しいこともありますが、自分の歯が残せるのが一番ですね。

近年、歯の破折が増えています。

歯ぎしり、噛みしめにお気をつけください